tr?id=974648879289261&ev=PageView&noscript=1
 
banner_de

navi_plan_en
navi_tasks_en
navi_workflow_en
navi_emphases_en
navi_partners_en
navi_pictures_en
navi_links_en

"Herbar Digital(デジタル植物標本)" 研究プロジェクト

ドイツ、ハノーバーにあるアプライドサイエンス&アート大学では、2007 年に プロセス最適化と自動化による植物学ドキュメント資料電子化の合理化に伴い、 "Herbar Digital"研究プロジェクトが発足されました。 このプロジェクトの目的は植物標本のデジタルアーカイブ化により、新しい 方法でのリサーチを容易くすることです。

過去200年以上にわたって研究者によって収集された資料「ベルリン-ダーレム植物園&植物ミュージアム」(約350万種)に利用されています。

2007 年には約80万ユーロが「ビジネス&コンピュータサイエンス」学部、「電子工学&情報テクノロジー」学部、「機械工学&バイオプロセス工学」学部によって前倒しされました。
FHH_gebaeude
アプライドサイエンス&アート大学
(ハノーバー)