クイックリンク: 大学・美術館・専門機関など | 産業メーカー | 写真家

取引先例〜SilverFastをお使いの皆様の紹介〜
大学・美術館・専門機関など

ref_logo_fh_hannover_100x60 ハノーファー専門大学
ハノーファー専門大学は1971年に7000人の学生で設立,開校された。 „the Univrsity of Applied Science and Arts in Hannover“と呼ばれ、ハノーファーで 二番目に大きい大学である。
ref_logo_spiegel_100x60 デア・シュピーゲル
1947年より、週刊のヨーロッパニュース雑誌として、デア・シュピーゲル(Der Spiegel)は刊行されている。シュピーゲルの編集者は長い間SilverFastをハイデルベルグ社のHigh-Endドラムスキャナーのオペレーションシステムとして使用している。
ref_logo_snb_100x60 スイス国立銀行
スイス国立銀行はスイスの金融政策、通貨政策とは関係のない、株式会社の形態の銀行で、2007年には、開設100年を記念する。
ref_logo_fraunhofer_100x60 フラウンホーファー協会
フラウンホーファー協会は1949年に科学の研究の為の助成金補助金を目的として、設立された協会で、直接産業と深い関わりを持っている。今日、この協会はドイツの産業界、経済界にとって重要な位置を占める。
ref_logo_bundesdruckerei_100x60 ブンデスデュルッカライ
ブンデスデュルッカライはベルリンを起点とする有限会社で、安全な個人情報管理と完璧な証明書の発行のためのシステムソリューションとサービスに貢献している。SilverFastはオフィススキャナーとしてDIGANTの方法のために許められている。
ref_logo_theater_korea_100x60 韓国国立劇場
この国立劇場はナムサン(ソウル)に1973年に設立され、国立オーケストラ、国立舞踊カンパニー、国立ドラマカンパニーの拠点である。ここでは、重要な文化催事が開催されている。
ref_logo_wci_100x60 ウェストコーストイメージング
ウェストコーストイメージングは芸術写真家の要望により開設された特別な施設であり、1988年以降、ギャラリーや美術館博物館の印刷物において、高い評価を受けている。
ref_logo_getty_100x60 J・ポール・ゲティ美術館
J・ポール・ゲティ美術館はカリフォルニアのロスアンジェルスにある美術館であり、年間130万人が訪れるといわれている(訪問者のほとんどは合衆国民)。J.Paul Getty(1892-1975)の芸術作品、骨董品のコレクションが展示の基本である。
ref_logo_moma_100x60 ニューヨーク近代美術館
ニューヨーク近代美術館(Museum of Modern Art)は1929にアメリカ合衆国、ニューヨークに学術目的として創立された美術館で、創立以降の現代美術の発展と普及に多大な貢献をしている。
ref_logo_university_of_the_arts_100x60 ユニバーシティ・オブ・アーツ
フィラデルフィアの芸術大学The University of the Artsはアメリカで一番古い変術大学である。 その活動の為に2400人以上の学生がLaserSoft ImagingのSilverFastソフトウェアパッケージを使用している。
ref_logo_mdiw_100x60 メシーラ・デジタル・イメージング・ワークショップ
LaserSoft Imagingは多方面にわたり、 フォトグラフィー、デジタル画像校正の面で、アメリカ合衆国ニューメキシコのメシラ デジタル イメージングワークショップをSilverFastでサポートしている。
ref_logo_biozentrum_basel_100x60 バーゼル大学バイオセンター
バーゼル大学のバイオセンターはバーゼル大学の大きな学部である。このバイオセンターはその専門分野にて、分子生物学とバイオ医学の部分で国際的に認められている。
ref_logo_uni_lapland_100x60 ラップランド大学
ラップランド大学はフィンランドのロヴァニエミにある大学で、1979年に創立された。ヨーロッパ、北極圏の大学ユニオンの一員であり、ヨーロッパ最北端に位置する大学である。
ref_logo_karlshorst_100x60 ベルリンカールスホースト博物館
カールスホースト博物館はベルリンにある、ドイツ・ロシアの博物館で、ドイツ・ソビエト共和国そして、ドイツ・ロシア関係を展示紹介している。ドイツ・ロシア間の戦争について、常設展示で紹介されている。
ref_logo_sony_100x60 ソニーミュージック
ソニーミュージックは世界有数のレコード会社であり、市場占有率は25%と言われている。メジャーレーベルと言われているレコード業界では、ビッグ4に入りる。
ref_logo_tu_ilmenau_100x60 TU Ilmenau Service有限会社
TU Ilmenau Service GmbHは、イルメナウ(Ilmenau)工科大学のテクノロジーネットワークの建設の為に創立された有限会社。
ref_logo_tu_wien_100x60 ウィーン工科大学
ウィーン工科大学は創立されて、ほぼ200年を迎える。ヨーロッパでも有数の工科大学に数えられ、オーストリアでは理系分野の研究において大きな役割を担っている。
ref_logo_darch_100x60 ETH Zürich – DARCH
チューリッヒ工科大学の建築学科は、約1,000人の学生が在籍するスイス最大の建築学校です。長い伝統を誇るその教育・研究方法は、研究機関と密接に連携した自由なデザインスタジオの構造にも表れています。
ref_logo_usc_100x60 USC – Udruga Sokolarski centar
環境保護省の権限を持つクロアチア鷹狩りセンター協会USCは、クロアチアの保護された猛禽類を公式に管理しています。2012年以降、既存の羽のアーカイブをデジタル化するために、SilverFastソフトウェアを搭載したエプソンExpression 10000XLが使用されています。
ref_logo_uni_gothenburg_100x60 University of Gothenburg
ヨーテボリ大学で最も大きな学部の一つで、約300人の職員を擁しているのが、化学・分子生物学科です。彼らの教育活動は最高品質のものであり、幅広い原子・分子科学の分野をカバーしています。SilverFastは、事実上同一の物体を大量にスキャンするために使用されます。ノイズを低減し、良好な研究結果を得るのに役立っています。.
ref_logo_metropolitan_museum_100x60 メトロポリタン美術館
ニューヨークにあるメトロポリタン美術館は、アメリカ最大の美術館です。世界で最も重要な美術史コレクションの一つを所蔵しています。130,000平方メートル以上の敷地に300万点以上の作品が展示されています。重要な美術品をデジタル化するために、メトロポリタン美術館はSilverFast 8を使用しています。
ref_logo_flowers_100x60 Flowers Gallery
アンジェラ・フラワーズは1970年にロンドンのウエストエンドにギャラリーを設立しました。1980年代には、ハックニー(Hackney)のランドリー/毛皮保管施設に移転し、イースト・ロンドンで最初にオープンしたギャラリーの一つとなりました。Flowersは現在、ロンドンを拠点とする2つのギャラリーと、ニューヨークに1つのギャラリーを持ち、既存のアーティストと新興のアーティストの両方を扱っています。FlowersはSilverFastを使用して、スライドアーカイブを可能な限り最高の基準でデジタル化しています。
ref_logo_bondgate_gallery_100x60 Bondgate Gallery
ボンドゲートギャラリーは、イングランド北東部のダラム(Durham)地区にあるファインアートギャラリーで、2008年からオープンしています。ギャラリーのレジデントアーティストであるEric Thompsonは、現在3つのアートクラスを運営しています。ボンドゲートは80人以上のアーティストにサービスを提供しています。Thompson氏は、完成した絵をスキャンするためにSilverFastを使用しており、鮮やかな色彩と時間を節約できるワークフローに大変満足しています。
ref_logo_npg_100x60 National Portrait Gallery
1856年に設立されたロンドンのナショナル・ポートレート・ギャラリーは、イギリスの歴史と文化の鑑賞と理解を促進しています。当ギャラリーは、1000点以上の肖像画を含む世界で最も広範な肖像画コレクションを所蔵しています。SilverFastを使用することで、ガラス板とフィルムネガからカラーと白黒の高品質の画像を得ることができます。
ref_logo_granada_100x60 University of Granada
グラナダ大学はスペインで4番目に大きな大学で、1531年に設立されました。分析化学部門では、環境、健康、食品、毒物学的分析やモニタリングにおけるさまざまな物質サンプルの決定のための分析機器として、スキャナー、カメラ、スマートフォンを使用しています。2007年からはSilverFastがスキャン画像の処理に使用されています。
ref_logo_rescued_film_100x60 The Rescued Film Project
Rescued Film Projectは、1930年代から1990年代後半までにフィルムで撮影された画像のオンライン・アーカイブ・ギャラリーです。このアーカイブの各画像は、世界各地で発見されたフィルムから救出されたもので、現像されていないフィルムロールの形で送られてきました。スキャンと画像の最適化のために、SilverFastはポストプロダクションのワークフローに使用されています。 Youtube Video
ref_logo_dkult_100x60 d:kult Düsseldorf
デュッセルドルフの州都デュッセルドルフ(d:kult)のデジタル芸術文化アーカイブは、10年以上前からデュッセルドルフの文化機関や財団のコレクションを市の参加のもとに文書化し、管理しています。平板な原本を専門的にデジタル化するために、SilverFastはd:kultの関連機関の大部分で使用されています。
ref_logo_klassik_weimar_100x60.png ワイマールクラシック財団
20以上の博物館、宮殿、歴史的建造物、公園、文学や美術のコレクションを有するワイマールのクラシック財団は、ドイツで最大かつ最も重要な文化機関の一つです。中でも、付属のアンナ・アマリア図書館では、2004年の火災で文化遺産の大部分が焼失した後、SilverFastを使用して絵画や書籍のデジタル化を行っています。

産業メーカー
ref_logo_canon_100x60 キャノン
キャノンは1937に創立された東京にあるグローバル企業である。キャノンは、家庭用コンピューターで使用される高品質のスキャナーなど、画像および光学製品のスペシャリストである。一部の機器では、SilverFastが同梱されています。
ref_logo_epson_100x60 エプソン
日本のテクノロジー企業として、エプソンは1942年に創立され、今日、画像プリンターとその関連商品の有名製造元である。エプソンはSilverFastを認め、そのソフトを多くのスキャナーとともに提供している。
ref_logo_heidelberg_100x60 ハイデルベルガーデュルックマシーン株式会社
ハイデルベルガーデュルックマシーンは、1850年ハイデルベルグ(ドイツ)に創立され、印刷の為の製品とその関連商品を製造している。その製品、例えば、Linotype-Hell等のクオリティーの高さは絶賛に値する。新しいMac、Windowsのオペレーティングシステムで、SilverFastをサポートしている。
ref_logo_hp_100x60 ヒューレット・パッカード・カンパニー
1939年に、アメリカ合衆国カリフォルニアのパロアルトに創業された世界有数のITメーカーであり、世界的シェアを持つ。1980年代にスキャナー製造に乗り出した。
ref_logo_leica_100x60 ライカ
Leicaはライカカメラ、ライカマイクロシステムズ、ライカジオシステムズの3社のひとつライカカメラ有限会社で、1913年にドイツに創業された。SilverFastは Digilux2、S1等、いくつかのライカデジタルカメラモデルをサポートする。
ref_logo_microtek_100x60 ミクロテック
Microtekは台湾に創立された映像関連機器と、その他の電化製品を製造販売する会社である。主要製品はスキャナーであり、SilverFastはその30をサポートする。
ref_logo_minolta_100x60 コニカミノルタホールディングス株式会社
ミノルタは今日、コニカミノルタホールディングス株式会社で1928年、日本の大阪で創業を開始した。2006年に、カメラ事業から撤退し、そのアフターサービス業務をSonyに委託した。
ref_logo_nikon_100x60 株式会社ニコン
創立1917年から、ニコンは光学機器、双眼鏡、望遠鏡などの関連産業に携わってきた、世界有数のメーカーである。SilverFastのソフトは1988年より、その製品の機能を向上させてきた。
ref_logo_pentacon_100x60 ペンタコン
Pentaconは20世紀の初頭から、ドレスデン(ドイツ)に初期カメラ製造メーカーだった。今日、例えば高解像度のスキャナー等、画像撮影、録画などの機器の開発に取り組んでいる。
ref_logo_plustek_100x60 プラステック
プラステックは1986年以来、高品質のスキャナーと映像機器を開発、製造している。SilverFastのパッケージ共同販売により、更に業績をあげ、プラステックは映像処理に携わる業務の業界において、有数の企業となった。
ref_logo_pie_100x60 Pacific Image Electronics
台湾のPacific Image Electronics社は、幅広いスキャナ製品を提供しており、長年にわたり市場で成功を収めてきました。また、2013年にはスキャナの全機種にSilverFastソフトウェアがバンドルされました。
ref_logo_quato_100x60 クアト
クアトは映像測定、映像マネージメントのシステムを開発してきた企業。1987年にブラウンシュバイク(ドイツ)に創立され、モニターの製造において、好評価を得てきた。SilverFastに提供されるスキャナーも特に開発された。
ref_logo_reflecta_100x60 レフレクタ
1967年、ドイツ、ニュールンベルグで創業を開始した、この企業は、映像およびリバーサルフィルムとその関連商品の開発に取り組んできた。 SilverFastはReflectaのスキャナーをサポートしている。
ref_logo_samsung_100x60 サムスン
サムスングループは世界有数のメーカーに属し、電化製品業界において、人気のあるメーカーである。SilverFastはサムスンのデジタルカメラモデルをサポートしている。
ref_logo_umax_100x60 ユーマックス
ユーマックスは台湾の電気機器、コンピューターとスキャナー、コンピューターマウス、MP3プレーヤーなどのコンピューター関連商品を製造するメーカーである。SilverFastはAsta、PowerLookといった、スキャナー製品をサポートする。

写真家
ref_logo_henry_grossman_100x60 Henry Grossman
ヘンリー・グロスマンは、1963年から1967年にかけてビートルズを撮りまくった。エド・サリバン・ショーへの初出演や「ヘルプ!」の映画ロケなどの取材に加えて、ヘンリーは彼らの家に招かれ、友人や家族との非公式な撮影を行うなど、前例のないアクセスを楽しんだ。何年も経ってから、ヘンリーは貴重な写真から鮮やかなスキャンを作成するためにSilverFastスキャナーソフトウェアを発見した。このデジタル高品質のSilverFastアーカイブにより、彼の傑作は紛失や腐敗から守られています。
ref_logo_vincent_versace_100x60 Vincent Versace
Vincent Versace氏は、デジタル写真の芸術と科学の分野で世界的に認められたパイオニアです。現在はロサンゼルスを拠点に、コマーシャルやファインアート写真の仕事、教育、ニコン、エプソン、NiK、OnOne、X-Rite、アドビなどのコンサルティングに従事しています。ヴィンセントは長年のSilverFastユーザーで、アナログのオリジナル作品をデジタル化する際にはこのソフトウェアを頼りにしています。
ref_logo_michael_grecco_100x60 Michael Grecco
マイケル・グレコは、数々の賞を受賞した世界的に有名なフォトグラファーで、有名人のポートレート、広告、エディトリアル、個人のコレクション、ファインアートなどを手がけています。世界で最も尊敬され、求められているビジュアル・ストーリーテラーの一人であるグレコは、その芸術的なコンセプトのビジョンと特徴的なドラマチックな照明により、ドラマチックで、喚起的で、洗練された、皮肉で、コミカルな、他に類を見ない独特のイメージを生み出しています。ハイコンセプチュアルなイメージで知られるグレコは、それぞれの被写体と心を通わせる天性の才能でも知られています。
ref_logo_shelly_katz_100x60 シェル・カッツ
シェル・カッツはニューヨークで生まれ育ち、作品“12歳のとき“を出版発売した。彼の作品は世界各国で出版され、複数の賞を受賞している。彼は世界各国で趣味と仕事の写真家という講演をし、LIFEやTIMEといった、有名な雑誌にも彼の作品は起用されている。
ref_logo_david_brooks_100x60 デビッド・B・ブルックス
デビッド・B・ブルックス はプロの写真家そして、Shutterburgマガジンの編集者として、同雑誌のコラムDigital Helpコラム“を執筆する。彼は色彩校正、スキャン処理その他プリントアウトについて、多数を記している。SilverFastについてデビッドはエキスパートであり、1999年来このソフトウェアについての出版も手がけている。
ref_logo_mark_segal_100x60 マーク・セーゲル
マーク・セーゲルはプロの写真家であり、カナダのトロントに暮らしている。彼のフォトグラフィーウェブサイト„The Luminous Landscape“では、写真について(SilverFastについても)読むことができる。 Markはデジタル画像処理のプライベート授業もしている。
ref_logo_ken_schles_100x60 ケン・シュレツ
世界的に有名な写真家ケン・シュレツはニューヨークブルックリン出身である。彼の作品は多数の本に起用され、„Metropolitan Museum of Art“や„Art Institut of Chicago“にもコレクション所蔵されている。„New York State Foundation for the Arts“の一員であり、たくさんの賞も受賞している。
ref_logo_petr_salek_100x60 ペトロ・セレク
プラハ出身の ペトロ・セレクは„Film Academy of Creativ Arts“の卒業生であり、専門は芸術写真である。彼は、コマーシャル、モード、実験のフォトに力を入れている。 ペトロの写真はそれだけにとどまらず、Computer Photo、Color Foto、Minolta Spiegelにも起用されている。
ref_logo_eric_vlietinck_100x60 エリック ・ウィーティンク
Erik Vlietinckは著名な作家であり、 ウェブサイトIT-Enquirerでテクニックのアナリストとしても有名である。それはマルチメディアのヒントとなる情報であふれている。編集者としてベルギー、オランダ、イギリスで出版物のアナリストとして18年もの経験を持つ。
ref_logo_bruce_dale_100x60 ブルース・デール
ブルース・デールは30年間、ナショナルジオグラフィックマガジンの仕事をしてきた。この間彼は75カ国で写真撮影をし、そのうち2000の写真が公表されている。ブルースが写真のスキャンの為にSilverFastを使用し始めて数年が経過しているが、そのコントロール機能とプリントアウトについて評価している。
ref_logo_bennett_richards_100x60 ベネット・リチャーズ
ベネット・リチャーズは写真の世界で長年成功の道を歩いている写真家である。彼は長年アリゾナの大学で宇宙物理学に関する写真に携わってきた。彼の写真は世界的にも有名な書籍、雑誌ジャーナルに起用されている。後にリチャ−ズは主にアリゾナのツーソン (Tucson)でクリエイティブな写真に関わる活動をし、現在、ファインアートの写真家として信憑性が高い。
ref_logo_elliott_landy_100x60 エリオット・ランディー
エリオット・ランディーは反ベトナム戦争運動とニューヨークのアンダーグラウンドミュージックカルチャーについての写真を撮り、同時にRock´n Rollスターの写真を撮り続けた。1969年にはWoodstockフェスティバルの公式な写真家として、写真を撮った。Elliott Landyは彼の作品をデジタル化し、SilverFastで、書籍形式に変換し出版している。
ref_logo_sascha_rheker_100x60 Sascha Rheker
Sascha Rheker、1973年生まれ、政治学専攻。2001年より国内外の新聞、雑誌社でフリーランスのフォトジャーナリストとして活躍中。キャリアへの道を進み始めた頃から、写真画像のデジタル化にRhekerはSilverFastを使用している。Rhekerは短期間アナログ撮影の世界に戻ったが、2004年からはアナログとデジタル撮影両方に従事している。
ref_logo_thomas_karsten_100x60 Thomas Karsten
Thomas Karsten、1958年アイゼナハ生まれ。ミュンヘン近郊に居住。数年前から、Stern, Art, Eltern, Capital, Nerve(ニューヨーク) などの雑誌社と仕事をしている。Thomas Karsten が国際的に有名になったきっかけは、ドイツでほとんど出版された彼の写真集のヌード写真である。10年以上にわたり、トーマスは彼の作品をSilverFast でスキャン処理している。
ref_logo_marcus_schwier_100x60 Marcus Schwier
1964年にデュッセルドルフで生まれたマーカス・シュヴィアーは、当初は建築を学んでいましたが、1993年にデュッセルドルフ美術アカデミーで写真を中心とした学位を取得しました。Schwierの写真は数多くの個展で発表されており、中でもDG-Bankの国際写真賞を受賞しています。現在はフリーランスの写真家として、主に風景写真や建築写真の分野で活躍しています。
ref_logo_claudius_schulze_100x60 Claudius Schulze
クラウディウス・シュルツは、40以上の異なる国に住み、活動しています。ドキュメンタリー写真家として、彼は明白なものだけでなく、水面下の世界も撮影しようとしています。8x10インチの大判サイズでのアーティスティックな写真プロジェクトには、SilverFast Ai Studio 8とEpson V750を組み合わせて使用しています。ハンブルグでは政治学を、ロンドンではドキュメンタリー写真とフォトジャーナリズムを学んだ。
ref_logo_marc_ilford_100x60 Marc Wijngaarde
ドイツで生まれ、オランダで育ったMarc Ilford Wijngaardeは、そのポートレート作品で特に知られています。しかし、2010年には、モノクロのホルガで長時間露光した夜景のシリーズで、National EISA Maestro photo contestで優勝しています。彼がSilverFastで特に注目したのは、そのダスト除去機能です。2012年、彼はポートレートビジネス「Marc Ilford Fotografie」を正式に開始した。
ref_logo_marcel_chassot_100x60 Marcel Chassot
マルセル・シャッソーは、1947年チューリッヒ生まれ。独学で学んだ写真家で、マクロ撮影ではスイス国内だけでなく海外でも知られるようになりました。子供の写真やバレエシーンの撮影を経て、現在は建築・産業写真やチューリッヒのストリートライフの撮影を中心に活動している。新しい写真集「abstract - geometricize - aestheticise」のための画像のデジタル化には、SilverFastが使用されています。
ref_logo_maar_100x60 Marrigje de Maar
Marrigje de Maarはインテリアフォトグラファーとしてよく知られており、アナログで利用可能な光のみを使って撮影しています。2004年にはルーシー賞を受賞しています。また、中国の田舎のインテリアを撮影した写真集「Red Roses Yellow Rain」でも知られています。2012年以降、Marrigje de Maarは、木製のピンホールカメラとカラーネガフィルムを使用しています。SilverFastは、プリント用の究極のネガを選択するための彼女のツールです。
ref_logo_pablo_blanco_100x60 Pablo Wünsch Blanco
1970年サンタンデール生まれのPablo Wünsch Blancoは、多才なスペイン人写真家で、現在はスイスのバーゼルに住んでいます。10年前から、広告会社や雑誌から彼の作品を求められている。Pablo氏はSilverFastの柔軟性と正確性を高く評価しており、彼の個人的なプロジェクトのためにすべてのネガをスキャンするために使用しています。2009年には、ファインアート・ポートレート写真でHM International Photo Awardを受賞しています。
ref_logo_terance_lam_100x60 Terrance Lam
ラム氏はカナダの写真家・デザイナーであり、1988年以来、音楽業界、テレビ、国際的な雑誌など、クリエイティブ・アートの分野で長いキャリアを持っています。彼はまた、Pacific Design Academyで応用芸術教育を担当し、ゲストワークショップに参加し、オンラインレビューを書いています。SilverFastは、彼のファインアート用途のフィルムからデジタルへのワークフローにおいて、重要かつ強力なツールとなっています。
ref_logo_frank_doorhof_100x60 Frank Doorhof
1971年、アムステルダム生まれのフランク・ドアホフは、ファッション写真を専門とするフォトグラファーです。彼は、単に「きれい」なイメージを作るのではなく、モデルの本当の姿を捉えることを好みます。現在は、雑誌や広告の撮影を行う一方で、世界各地でワークショップを開催しています。ドアホフ氏は、「A Guide to Model Photography」の著者でもあります。スキャンに関しては、ドアホフ氏は完全にSilverFastスキャナーソフトウェアに頼っている。
ref_logo_richarf_heddington_100x60 Richard Heddington
リチャード・ヘディントンは、1964年にブリストルで生まれ、人生の大半を写真家およびイメージアーティストとして過ごしてきました。もともとモノクロのファインアートプリントを得意としていたが、1980年代に暗室から離れた。現在、ヘディントンの日常業務はほとんどデジタル化されていますが、個人的なプロジェクトにはフィルムの要素が残っており、それを常にSilverFastでスキャンしています。
ref_logo_robert_mullan_100x60 Robert Mullan
2003年にコマーシャル・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤーを受賞したロバート・マランは、アイルランドを拠点に、都市の建築物のドラマチックで夢のような側面を撮影することを好みます。彼の才能は、世界で最もよく知られている都市景観を独自の解釈で撮影することです。彼は今でもいくつかのプロジェクトでフィルムを使用しているため、SilverFastによるスキャンは彼のワークフローの一部として定着しています。
ref_logo_knut_stritzke_100x60 Knut Stritzke
クヌート・シュトリツケは、1975年にハレ/サーレで生まれ、現在はベルリンで写真家として活躍しています。BMWやSaturnなど、ドイツの多くの有名企業が彼の作品を使用しており、いくつかの展覧会や博物館、ギャラリーでも紹介されています。Stritzke氏は、自分の写真のインスピレーションを、日常的なもののさまざまな側面を発見することによって、革新的な方法で識別することだと定義している。大判サイズの作品を発表する際、Stritzke氏はSilverFastを使ってアナログ録音素材をデジタル化している。
ref_logo_jonas_roosens_100x60 Jonas Roosens
プロのポートレート、プレス、企業写真家として、Jonas(1982年、アントワープ生まれ)は、さまざまな顧客のために撮影するために、ほとんどの大陸を旅してきました。彼の作品には、サーフィンと人々に対する大きな情熱が込められています。ベルガ・ニュース・エージェンシーや新聞、雑誌などの日常的な仕事はすべてデジタル一眼レフで行われていますが、個人的なポートレートやルポルタージュの一部はいまだにアナログで撮影されています。このアナログ素材をデジタル化するために、JonasはSilverFastスキャナーソフトウェアを使用しています。
ref_logo_george_dewolfe_100x60 George DeWolfe
ジョージ・デウォルフェは1964年から写真家として活動しており、ロチェスター工科大学で写真の修士号を取得しています。1970年代にアンセル・アダムスとマイナー・ホワイトに師事しました。これまでに40の個展と数多くのグループ展を開催し、いくつかのパーマネントコレクションに収蔵されています。ジョージは、ビジュアル写真やデジタル写真の技術を教えることと、世界の神秘を写真に収めることに情熱を注いでいます。傑作写真のデジタル化にはSilverFast 8を使用している。
ref_logo_timothy_gray_100x60 ティモシー・グレイ
ティモシー・グレイはシカゴ出身の写真家で、風景写真の専門家である。環境を考慮したその作品はすでに多数の雑誌、地方新聞に掲載され、ウェブサイトプロジェクトでも見られる。
ref_logo_vincent_oliver_100x60 ビンセント・オリバー
ビンセント・オリバーはウェブサイトphoto-iの作家であり、デジタルフォトを自ら取り扱う。彼はスキャナーとそのソフトのテスト領域そしてLaserSoft ImagingのSilverFastについて、多数執筆している。
ref_logo_john_barclay_100x60 ジョーン・バークレイ
ジョーンは写真家として、数々の賞を受賞したペンシルバニア出身の写真家である。彼のプログラムは“夢-信頼-想像“ によって、インスピレーションの高いレポーターとして全米で有名になった。彼の業績はB&Wマガジンで見ることができる。
ref_logo_barry_brukoff_100x60 Barry Brukoff
美術写真家としてのキャリアをスタートさせたのは、20代前半の旅行中でした。カンボジアへの旅行をきっかけに、さまざまな文化の古代遺跡に生涯にわたって魅了され、これまでに8冊の本を出版しています。シカゴ・アート・インスティテュートで学んだ後、デザインと写真の分野で並行してキャリアを積んでいきました。 2000年頃からデジタル暗室への移行が始まりました。"非常に良い状態の35mmフィルムを何千枚も持っているので、それらをスキャンして現代の基準に合わせるためにSilverFastテクノロジーを使用することで、私の生活はずっとシンプルになりました。"
ref_logo_daldello_100x60 Gian Paolo Daldello
ダルデロは、イタリアを拠点に活動するプロの写真家であり、ファインアートプリンターです。ダルデロ: 「ファインアートプリンターとして、ミラノとレッコ地域で35mmから中判フィルムのプロフェッショナルなスキャンサービスを提供することで、私のサービスを拡大することにしました。SilverFastはこのプロジェクトの実現にふさわしいパートナーでした。マルチエクスポージャー、HDRiRAWフォーマット、NegaFix、IT8自動キャリブレーションなどの機能が選択の決め手となりました。」
ref_logo_landspeed_louise_100x60 LandSpeed Louise
Louise Ann Noethは、数々の賞を受賞した作家・写真家であり、その作品は世界中で数カ国語で出版されています。自らをストーリーテラーと称し、複雑なテーマを、教育的でありながらエンターテインメントに仕上げることで知られている。1984年にLandSpeed Productionsを設立し、クリエイティブ・ライティング、写真、パブリック・スピーキング、パブリック・リレーションズ、フィルム&TVコンサルティング、ストック・ライブラリー、ファイン・アート、グラフィック・デザインを提供している。
ref_logo_vineet_suthan_100x60 Vineet Suthan
Vineet Suthanは、ドバイとオマーンを拠点に活動するポートレートおよびファッションフォトグラファーです。彼の作品は多くの出版物に掲載され、いくつかの国際的な賞を受賞しています。彼の商業的な仕事には、食品、美容、ファッション、商品写真などがあります。Vineetは、自身の情熱と知識を他の人々と共有するための新しい方法を常に模索しており、世界中で定期的に写真ワークショップを開催しています。デジタルイメージングに関しては、LaserSoft Imaging社のソフトウェア製品を愛用している。
ref_logo_sven_lambin_100x60 Sven Lambin
Sven Lambinは、ベルギーのアントワープを拠点とするプロの写真家です。また、写真を教えており、国際的なワークショップも行っています。写真家として、彼は身の回りの混沌とした世界を定義し、物と物の関係、人や被写体との相互作用、あるいはその間の空間を発見しようとしています。彼のルーマニアでのプロジェクトは現在進行中です。Lambinは大判写真を専門としており、ネガから最大限の結果を得るためにSilverFastを使用しており、オルタナティブ・プロセスに最適です。
ref_logo_sebastian_schlueter_100x60 Sebastian Schlüter
Sebastian Schlüterは、自らを情熱的な写真愛好家であり、独学で技術を習得してきたと語っています。彼の専門は夜の写真、つまり「ローライト」写真です。難しい撮影条件で撮影されたネガをスキャンする秘訣は、SilverFastのNegaFixツールです。このソフトウェアの多彩な調整オプションは、セバスチャンが作品に必要とする創造的な自由を与えてくれます。
ref_logo_giulia_bianchi_100x60 Giulia Bianchi
Giulia Bianchiは、スピリチュアリティとフェミニズムをテーマに活動するイタリア人写真家です。彼女の作品は、National Geographic、The Guardian、L'Espresso、PDN、American Photo Magazine、Huffington Postなどの雑誌や書籍で紹介され、国際的にも展示されています。彼女は、写真集出版社やその他の写真ビジネスのために、国際的に教えたり、コンサルティングを行ったりしています。SilverFast Ai StudioとEpson V800を使って、4x5インチのネガをスキャンしている。
ref_logo_jonathan_notley_100x60 Jonathan Notley
ジョナサン・ノトリーは、ロンドン在住のイギリス人ポートレート・風景写真家です。ジョナサンは、ポートレート写真家としてよく知られていますが、アナログプロセスにも情熱を注いでいます。彼は頻繁に旅行に出かけ、中判や大判のフィルムを使って、母国イギリスの海岸や水路を撮影しています。ジョナサンは、デジタルプリントのオプションを最大限に活用するために、SilverFastスキャナソフトウェアを使ってネガをデジタル化している。
ref_logo_karsten_kettermann_100x60 Karsten Kettermann
Karsten Kettermannは、ドルトムントの応用科学大学で人物写真を学びました。在学中にPhotoshop 5.5に関する最初の本を執筆し、その中で完璧なスキャニングソフトウェアとしてSilverFastを推奨していましたが、今日までに写真と画像編集に関する8冊の本を出版しています。ネガのデジタル化には、「SilverFast以外は考えられない!」とKettermann氏。特に、スキャン前にすべての設定が行われるため、多くの画像処理作業を省略できる点を高く評価している。
ref_logo_guido_rottmann_100x60 Guido Rottmann
Guido Rottmannのトレードマークは、強烈なポートレート写真です。ほとんどデジタルでしか仕事をしてこなかった彼は、今、原点に立ち返り、ますますフィルムを撮るようになりました。アナログのスタイルをデジタルの世界に持ち込むために、彼は今、10年前にすでにナンバーワンとして支持していたスキャナーソフト「SilverFast」を使っています。"スキャンするときは、オリジナルのフィルム素材の外観を、スクリーンや紙の上でできる限り良く、本物に近づけたいと思っています。"
ref_logo_robin_whalley_100x60 Robin Whalley
ロビン・ウォーリーは、イギリスの風景写真家であり、20冊以上の写真集の著者でもあります。ロビンは、写真家が写真編集を習得するためのサポートを専門としており、自身のウェブサイトやYouTubeチャンネルで定期的にチュートリアルを公開しています。商業的な仕事ではデジタルを使用していますが、35mmと中判の両方で撮影するなど、いまだにフィルムを愛用しています。SilverFast 8は、高速で使いやすく、優れた色とディテールを捉えることができるので、彼のお気に入りのスキャンソフトウェアです。
ref_logo_michael_klinkhamer_100x60 Michael Klinkhamer
Michael Klinkhamerは、オランダ出身のプロの写真家で、カンボジアに10年間住んでいます。Michael Klinkhamerは、東南アジアで多くのフォトツアーやワークショップを開催しています。1988年、Klinkhamerはインドを旅した。彼は、特別なWideluxパノラマカメラにKodak Gold 35mmフィルムを装填して、素晴らしい写真を撮影した。現在、マイケルはオランダに戻り、フィルムスキャナーの埃を払い、写真作品をデジタル化するためにSilverFastスキャナーソフトウェアを見つけました。
ref_logo_matt_munson_100x60 Matt Munson
マット・マンソンは、ニューヨーク在住のアメリカ人写真家です。中判カメラや35mmカメラを持って街を歩き回り、ストリートフォトを撮影したり、さまざまなモデルエージェンシーのためにファッションを撮影したりしています。パンデミック時に撮影したストリートポートレートを集めた初の写真集では、SilverFast Scanner Softwareを使ってスキャンし、各画像の品質を最大限に高めることができたことを嬉しく思っています。これにより、マットは画像を大規模にプリントすることができ、最高品質の写真集を作ることができるのです。
ref_logo_julien_guinand_100x60 Julien Guinand
Julien Guinandは、アーティスト写真家です。文学、音楽、視覚芸術を学び、École nationale supérieure de la photographie d'Arlesを卒業しました。ドキュメンタリーや実験的な写真を制作しており、その多くは、社会的・環境的な歴史が展開されている場所で撮影されている。また、写真学校Blooの共同設立者でもあり、2009年より同校を指導している。2005年よりフランスのリヨン国立高等美術学校で教鞭をとっている。フランソワーズ・ベッソンギャラリーの代表を務めています。Julien Guinandは、SilverFastスキャンソフトウェアを使用して画像をデジタル化しています。
ref_logo_daisuke_fujimura_100x60 藤村大介
世界500都市以上を取材する日本の写真家。「旅」をテーマに世界を撮り、風景、街並み、夜景、世界遺産等を撮影。2002年、日本初となる世界の夜景だけでの個展を開催し、現在の夜景ブームの先駆けとなる。夜景作品は坂出市民美術館にも収蔵されている。多数の写真コンテストの審査も務め、ニコン・フジフイルムなど大手カメラメーカーのアンバサダー、日本大学芸術学部講師としても活躍。(公社)日本写真家協会正会員、日本旅行写真家協会副会長。フィルムのデジタル化において、これまでにない精度でホコリが除去でき、黒つぶれなく細部までスキャンできるSilverFastに絶大の信頼を寄せる。
ref_logo_kazuyuki_okajima_100x60 岡嶋和幸
1967年福岡市生まれ、東京写真専門学校(現東京ビジュアルアーツ)卒業。スタジオ・写真家アシスタントを経て、フリーランスの写真家に。広告や雑誌の写真家としての仕事に加え、世界を旅して詩情豊かな作品を発表。執筆、展覧会開催など活動は多岐に渡る。高温多湿の日本では、フィルムに、データ化して初めて分かる目に見えないカビが多々ついているが、SilverFastは、これを手動でなく自動で除去してくれる。フィルムのデジタル化にSilverFastは間違いなくお勧めです。
ref_logo_tetsuro_shimizu_100x60 清水哲朗
1975年横浜市生まれ。写真家・竹内敏信事務所で3年間助手を務めた後、フリーランスとして独立。1997年以来モンゴルを取材し、独自の視点で自然風景からスナップ、ドキュメントまで幅広く撮影する。SilverFastは、簡単に使えるだけでなく、時間がある時にRAWでスキャンしておき、後からゆっくり加工することができる。そのため、面倒だと思っていたスキャン作業が楽しく気軽にできるようになった。以来、ポジやネガなどの過去の作品をスキャンしては撮影当時の記憶を呼び起こし、自分なりの名作発見に繋がっている。

問い合わせ | 販売店への連絡 | 会社概要 | お客様紹介 | 個人情報保護について | 利用規約