tr?id=2006659569564293&ev=PageView&noscript=1
 
banner_en

navi_plan_en
navi_workflow_en
navi_guide_en
navi_reproduction_en
navi_usc_en
navi_pictures_en
navi_links_en

サンプル画像

Federn_Seite3_01 羽毛はスキャンと印刷をするのにはやっかいな代物です。 一定の間隔の羽枝(うし)から成る、その構造は、スキャン用に選んだ解像度の dpi 間隔に干渉します。これらの干渉はモアレパターンとニュートンリングとなって現れます。 2つのフライスクリーン※が少し異なる角度で互いの上部にかかる時に同じ効果を見る事ができます。 ここではまた、ニュートンリングが2つのフライスクリーン構造の干渉によって作られています。 ※フライスクリーンとは対応語句がないため、膜面構造または網状になっている部と解釈致します。

上の例では同じ羽を5つの解像度、 2000 dpi, 1200 dpi, 850 dpi, 700 dpi and 650 dpi.でスキャンしたものです。 左端の羽のみ、2000 dpi の高解像度でスキャンされ、ニュートンリングは起きていません。 他の解像度ではニュートンリングがスキャン時に出来ています。

一度、羽毛がゴミ等のない解像度でスキャンされると、 次に正しいスクリーン解像度、角度、印刷用CMYK 選択の問題が派生します。 オフセット印刷で使われる定型のスクリーン角度は羽毛での新規/追加の干渉を簡単に作ってしまいます。 . そのような問題を避ける印刷テクニックとは、周波数変調スクリーニング(FMスクリーン)であり、 一定のスクリーニング・パターンで配置せずにランダム・パターン分布した小ドットを使います。 この印刷テクニックは上記の干渉パターンを避けるため、服のテクスチャー印刷用に 特別に開発されたものです。 それは羽毛のテクスチャー印刷にも適しています。 周波数変調スクリーンによる羽毛スキャンの印刷は、 羽毛の最も微妙なディテールさえも引き出してくれます。

Federn_Seite5_01

button_weiter-zu-bildern_en